グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



配線パーツ

ホーム >  配線パーツ >  防水型絶縁キャップ「クイックキャップ」製品一覧 >  OA-QW 中継コネクタ用 セパレートタイプ

OA-QW 中継コネクタ用 セパレートタイプ


本体・締付キャップを分割。各種中継コネクタやリンクコネクタ施工後の防水・防塵処理に。

OA-QWH

特長

保護等級 カラー 耐環境
IP67 耐油性・耐候性

取得規格

欧州RoHS2 中国RoHS CE UL CSA PSE
・用途 リンクコネクタ・LANケーブル・各種中継コネクタなどの防水・防塵処理に。

カタログのダウンロード

CADデータのダウンロード


型式・仕様

耐油性タイプ ゴムブッシュ:黒

用途 型式 使用周囲温度 本体質量 販売単位
汎用 OA-QWH16-08SRSN -20~+70℃ 約49g 1個
リンクコネクタ用 OA-QWH16-L1SRSN 約53g

耐候性タイプ ゴムブッシュ:青

用途 型式 使用周囲温度 本体質量 販売単位
汎用 OA-QWH16-08SRSEN -20~+70℃ 約49g 1個
リンクコネクタ用 OA-QWH16-L1SRSEN 約53g

適合リンクコネクタ

メーカー ワイヤーマウントコネクタ製品番号 電線種類
スリーエムジャパン様 38A04-□0□□-□00FL 2.54mmピッチフラットケーブル

外形寸法図

外形寸法図

材質

材質

締付量 参考値

お問い合わせください。

適合電線径・付属品

OA-QWH16-08SRSN/OA-QWH16-08SRSEN

付属品
ゴムブッシュ型式 適合電線径(mm) 個数
GQWH16-08ARS/GQWH16-08ARSE Ø 5.5~8.5 2個
G13-09BRS/G13-09BRSE Ø 4~5.5(GQWH16-08ARSに差し込んで使用) 2個

OA-QWH16-L1SRSN/OA-QWH16-L1SRSEN

付属品
ゴムブッシュ型式 適合電線径(mm) 個数
GQWH16-FCRCRS/GQWH16-FCRCRSE 2.54mmピッチフラットケーブル(1穴)/ Ø 4~5(1穴) 2個
GQWH16-FC2RS/GQWH16-FC2RSE 2.54mmピッチフラットケーブル(2穴) 1個
ブラインドバー型式 仕様 個数
BB-50S G13-503/503E用 2個

作業手順

作業上の注意

・各部品を落下させないでください。部品破損の原因となります。
・電線の組込前に締付キャップを締付けないでください。クランプ部破損の原因となります。
・0℃以下での施工はしないでください。各部破損の原因となります。
① ゴムブッシュのスリット部を広げ、電線に通す。

《注意》仕上り外径Ø5.5以下の電線の場合、ゴムブッシュAにゴムブッシュBを差し込んで使用する。その際、各スリット部を重ねないようにすること。(※スリット部が重なると、防水性に影響が出る可能性があります)


② 中継部とゴムブッシュを本体Bに組み込む。この時、ゴムブッシュの端面が本体Bのシール部(白色)と隙間がないように接し、内側に傾斜しないようにする。

《注意》ゴムブッシュが内側に傾斜していると、本体Aのシール部と干渉しロックが掛かりにくくなり、防水性に影響が出る可能性があります


③ 本体Aロック部ツメ幅と本体Bロック部枠幅で向きを確認し、本体Aを組み付ける。

《注意》ゴムブッシュの端面が本体Aのシール部(白色)に引っ掛からないように組み付けること。ロック部ツメが枠に掛かっていることを確認すること。


④ 締付キャップA・Bを電線に沿って組み合わせる。


⑤ 締付キャップを締めて電線を固定する。

サンプル請求

サンプルをご希望のお客様は、「サンプル請求フォーム」より直接ご依頼いただくか、「サンプル請求シート」をダウンロードし、必要事項をご記入の上FAXしてください。

注意

※製品に足を掛けるなど荷重をしないでください。また、塗装はしないでください。
※油中、水中での使用はできません。
※以下の環境での使用・保管はしないでください。製品劣化の原因になります。
  1. 使用周囲温度範囲外
  2. 水蒸気、高温・高湿の雰囲気
  3. 酸、アルカリ、有機溶剤の雰囲気(技術資料 耐薬品性 参照)
その他、特殊環境でのご使用については弊社までお問い合わせください。
  • 耐油性タイプ(ゴム色:黒)の場合
    日光の当たる場所では使用しないでください。
    油気の雰囲気でご使用ください。
    ※油気のない環境での使用は耐候性タイプをご使用ください。
  • 耐候性タイプ(ゴム色:青)の場合
    油気の雰囲気では使用しないでください。
    屋内でも油のかからない場所には耐候性タイプをお薦めします。