グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



配線パーツ

ホーム >  配線パーツ >  防水型ケーブルクランプ「キャプコン」製品一覧 >  OA-Wシリーズ セパレートタイプ

OA-Wシリーズ セパレートタイプ


コネクタ付ケーブルの通線、防水処理に。

キャプコン OA-Wシリーズ セパレートタイプ

特長

保護等級 カラー 耐環境
IP67 耐油性・耐候性

取得規格

欧州RoHS 中国RoHS CE UL CSA PSE
・用途 コネクタ付ケーブル(D-sub、キャノンプラグ、USB、3Pソケット等)のクランプ、防水処理に。

カタログのダウンロード

CADデータのダウンロード

オンラインショッピングで購入

型式の見方




型式・仕様

耐油性タイプ ゴムブッシュ:黒

型式 適合電線径(mm) 取付穴径(mm) 取付ねじ 適合板厚 使用周囲温度 本体質量 販売単位
OA-WH16-06/10 Ø6~10 Ø21 CTG16 4mm以下 -25~+80℃ 約23g 10個
OA-WH22-06/13 Ø6~13① Ø28 CTG22 6mm以下 約42g 5個
OA-WH36-06/13 Ø42 CTG36 7.5mm以下 約68g
共通:使用周囲温度 -25~+80℃ ※黒色タイプの本体質量になります。

耐候性タイプ ゴムブッシュ:青

型式 適合電線径(mm) 取付穴径(mm) 取付ねじ 適合板厚 使用周囲温度 本体質量 販売単位
OA-WH16-06/10E Ø6~10 Ø21 CTG16 4mm以下 -25~+80℃ 約23g 10個
OA-WH22-06/13E Ø6~13① Ø28 CTG22 6mm以下 約42g 5個
OA-WH36-06/13E Ø42 CTG36 7.5mm以下 約68g
共通:使用周囲温度 -25~+80℃ ※黒色タイプの本体質量になります。
*W36型耐候性タイプのゴムブッシュは黒色になります。
  • ①についてはゴムブッシュの組み合わせにより適合電線径が変わります。

ゴムブッシュ組み合わせ

適合電線径(mm)
ゴムブッシュA+B Ø6~10
ゴムブッシュAのみ Ø10~13

外形寸法図

外形寸法図

材質

材質

締付量 参考値

お問い合わせください。

キャブタイヤケーブル外径寸法表

作業手順

コネクタを取付穴に通す。

1.コネクタを取付穴に通す。

ニップルA・Bをはめ合わせる。

2.ニップルA・Bをはめ合わせる。

カチッと音がするまではめ込む。

3.カチッと音がするまではめ込む。

ロックナットを電線に通しニップルを固定する。

4.ロックナットを電線に通しニップルを固定する。

締付キャップA・Bを電線に沿って組み合わせる。

5.締付キャップA・Bを電線に沿って組み合わせる。

締付キャップを締めて電線を固定する。

6.締付キャップを締めて電線を固定する。

ニップルを分解する場合

ニップルの六角部の溝にマイナスドライバー等を差し込んでひねると
外しやすくなります。

ニップルを分解する場合

  • ニップルの脱着繰り返しは、はめ合わせ部劣化による防水性能低下の原因となります。
  • 穴1つに対して電線は1本で使用してください。
  • 電線被覆の材質、硬度により締付トルク、電線保持力が異なります。
  • 経年により電線の外径が変化すると保持力、防水性能が低下します。
  • 適合電線径以外、又は円形の電線以外(平形、平行コードなど)の使用は性能を確保できません。
  • ロックナット、締付キャップの締付量を各々適正に管理するには、ニップルをスパナ等で固定しながら締付キャップを締め付けてください。

オプション

キャプコン OA-Wシリーズ セパレートタイプ オプション

型式 適合電線径(mm) 適合品型式 本体質量 販売単位
GH16-04/06B Ø4~6 OA-WH16-06/10 約1g 10個
GH16-04/06BE OA-WH16-06/10E

注意

※製品に足を掛けるなど荷重をしないでください。また、塗装はしないでください。
※油中、水中での使用はできません。
※以下の環境での使用・保管はしないでください。製品劣化の原因になります。
  1. 使用周囲温度範囲外
  2. 水蒸気、高温・高湿の雰囲気
  3. 酸、アルカリ、有機溶剤の雰囲気(技術資料 耐薬品性 参照)
その他、特殊環境でのご使用については弊社までお問い合わせください。
  • 耐油性タイプ(ゴム色:黒)の場合
    日光の当たる場所では使用しないでください。
    油気の雰囲気でご使用ください。
    ※油気のない環境での使用は耐候性タイプをご使用ください。
  • 耐候性タイプ(ゴム色:青)の場合
    油気の雰囲気では使用しないでください。
    屋内でも油のかからない場所には耐候性タイプをお薦めします。