グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



配線パーツ部 パーツ開発グループ 駒澤 拓也


ホーム > インタビュー > 配線パーツ部 パーツ開発グループ 駒澤 拓也

「人」と「社会」を支える技術者を目指し、前進し続ける。
配線パーツ部 パーツ開発グループ 駒澤 拓也(2015年入社)
オーム電機に入社したきっかけは、企画から開発・製品化までを行い、自社製品としてを世の中に販売している会社に就職したいという思いがあったからです。自社で販売した製品を使用することによって、世の中の人の生活が豊かになることが自分にとって一番の社会貢献だと思います。そういった仕事に携われると考え、オーム電機への入社を志望しました。

駒澤

現在所属するパーツ開発グループの仕事内容は、主に「製品設計」と「機能評価」です。私自身は「機能評価」を多く担当しており、設計をして出来上がってきた試作品が、望んでいる仕様として成り立っているかを評価しています。

弊社の代表製品であるキャプコンを例に出すと、防水性能を満たしているかを試験したり、施工性に問題が無いかを評価するために各電線径を用意して締付の挙動確認を行います。機能的に問題があれば原因を追究し対策を考え、最終的に報告書としてまとめています。
社内では一人一人が自分の仕事に対して熱意と情熱と責任感を持ってまじめに仕事をしています。時には何気ない話題で盛り上がったりしながらコミュニケーションをとり、メリハリをつけて業務をこなしています。

駒澤

頼まれた仕事は難易度が高ければ高いほど100%スムーズにいくことはありません。しかし、その過程で試行錯誤したり自分の知識やスキルを発揮し、そしてやり遂げたときの満足感が仕事のやりがいに感じます。責任を持ってやり遂げることで自分自身が鍛え上げられ成長して、次につながります。そしてワンランク高い難易度の仕事にチャレンジするときの糧となり新たな仕事のやりがいになると思います。

今後は、新しい製品の開発に従事したいです。そのためにはオーム電機の数ある製品知識を取り込み、今以上に知識やスキルを磨き、頼られる存在になれるよう努力していきます。

1日のスケジュール

8時30分 出社
朝礼後、メールと1日のスケジュールを確認します。
9時00分 機能評価試験
防水試験や破壊試験などの製品として機能しているかを確認します。時には問題がで出てくることも…。その都度報告をして対策を考えます。
12時00分 お昼休憩
昼食は社内食堂を利用しています。暖かいご飯が食べられます。
13時00分 定例会議
週に一度、各個人の案件に対して進捗を確認する場です。自分の進捗と今後のスケジュールを報告します。
15時00分 打ち合わせ
協力会社と打ち合わせをします。新規の金型について相談したり、修正の依頼をします。
16時30分 機能評価試験の資料作成
次の定例会議に向けての資料を作成したり、あとから見返すときに役に立つようにバックデータを残しておきます。
17時30分 退社
お疲れ様でした。

部門紹介

技術職の募集要項