グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



生産部 製造グループ 川隅 一樹


ホーム > インタビュー > 生産部 製造グループ 川隅 一樹

鋭い観察力と強い探求心で、ものづくりの「匠」を目指す。
生産部 製造グループ 川隅 一樹 (2015年入社)
私が会社選びの際に重視したポイントは「地元浜松で電気関係の会社」であることでした。就職活動でいろいろな企業の説明を聞いていると、浜松は車関係の企業が多いように感じました。しかし私自身は特に車の部品などに興味がなく「この会社にしよう!」といった会社になかなか出合えませんでした。そのような中で、電設パーツや工業用クーラー等多分野の製品を取り扱っており、設計・試験・製作まで自社で行っているオーム電機を見つけました。オーム電機で働くことができたら、自分に合ったものが見つかるのではないかと思いました。天職がオーム電機の中にある。そう感じたため私はオーム電機に入社しました。

現在は生産部製造グループに所属し、発泡ウレタンを塗布する機械のオペレーターを担当しています。 発泡ウレタンとは2種類の化合物を混ぜることでできる発泡体のことで、主に自社製品の防水パッキンとして使用しています。 物を組み立てるだけの単純な機械ではなく、2種類の物質の化学反応で製品を作るため知識と経験を必要とします。よりよい品質の製品をより早く作るために、日々研究をしながら生産しています。

私が勤務している製造フロアはとても仲の良い雰囲気です。休み時間にはみんなでおやつを食べ、おしゃべりしながら休憩しています。一方、業務時間中は全員テキパキと動き、仕事と休憩のON-OFFがしっかりしています。

やりがいを感じるのは新しい塗布の方法やウレタンの変化傾向を発見できた時です。ウレタンの出来栄えは、周囲環境、樹脂の状態、製品の状態等様々な状況に影響されます。よって、似たような形の製品に塗布しても出来栄えが全く違ったり、昨日は上手く出来たのに今日は上手く塗布できなくなったりと、問題が毎日のように出てきます。そのような問題に対する改善策を思いつく限り試してみて上手く塗布できた時が、塗布機を扱う中でやりがいのあるところです。手を尽くしても解決できないことも多々ありますが、経験や知識を得て半年後・一年後に解決できた事もありました。問題にぶつかり解決策を考え、新しい発見をして解決できたり、ウレタン塗布機を扱うことで自身の成長を感じられた時が一番嬉しい瞬間です。

今後は、塗布機のエキスパートになりたいです。自分自身の知識・経験・技術力で目の前のどんな問題に対しても解決できるような技術者を目指します。

生産部製造グループ 川隅 一樹

1日のスケジュール

8時30分 出社・生産準備
本日行う生産内容の確認と準備を行います。
10時00分 生産
スケジュール通りに生産を行います。
12時00分 昼食
食堂で昼食をとります。社食を食べる時もあればお弁当を持ってくる時もあります。
13時00分 生産
午前中の続きを行います。
15時00分 検査・梱包・出荷
製品の検査をします。検査後、梱包し出荷します。
17時00分 事務作業
データ入力等の事務作業を行います。
17時30分 退社
毎週金曜日は定時の日なので定時で退社します。

部門紹介

技術職の募集要項