グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



検査・計測装置

ホーム >  検査・計測装置 >  マイクロ波センサ 製品一覧 >  気泡・異物・液質センサ

気泡・異物・液質センサ


配管内の気泡・異物検出。液体の混合割合、劣化、種類をリアルタイム監視。

マイクロ波センサ

取得規格

欧州RoHS 中国RoHS CE UL CSA PSE

検出理論

気泡・異物検出

検出理論

液質管理

検出理論

マイクロ波のドップラー効果により、誘電率の違う物質の変化を検出します。この仕組みを用いて流体中の異物(例:液体中の気泡)を検出します。
検出空間に電界領域を作り、この領域部分に誘電体(液体)が入ると電界が変化します。この変化量を電圧として出力します。
ドップラー効果とは
波(音波や電磁波など)の発生源(音源・光源など)と観測者との相対的な速度によって、波の周波数が異なって観測される現象。
※異物の検出サイズは材質と液体媒体の種類に因って変化します。
また気泡の検出サイズより大きくなります。

アプリケーション例

液体系

液体系

練り物系

練り物系

粉物系

粉物系

仕様(参考)

仕様は都度お打ち合せの上、受注生産となります。
適用チューブ外径 1/4インチ(約Ø6.35mm)~2インチ(約Ø50.8mm)
定格電圧 DC24V±5%
定格消費電力 約1W
検出信号出力 ON/OFF無接点出力: DC24V 100mA
アナログ電圧出力 : 0 ~ 5V
※液体、チューブ(材質・肉厚)、検出環境により、出力電圧は変わります。
気泡検出可能速度範囲 0.016~6m/sec
使用温度・湿度範囲 0~+40℃・30~95%(結露無き事)
使用液体温度範囲 0~+40℃
腐食性ガス 腐食性ガス無き事
最小気泡検出サイズ ※1 Ø0.5~Ø1mm
環境対応 RoHS
保護構造 エアパージ
※1 測定条件:空気(誘電率1)におけるアルミナ球(誘電率9)のサイズです。マイクロ波の特性上、使用される液体により検出サイズは異なります。
・テフロンチューブ推奨
・筐体材質:アルミ
・本製品は日本国内でのみ使用可能です。

設置例

既存の管路を変更することなく、ホースを挟み込むだけで簡単に設置することができます。

配線例

配線

気泡・異物・液質センサ お問い合わせフォーム

お問い合わせフォーム