トップページ > 配線パーツ > 「電設パーツ」製品一覧 > 屋内配線用ジョイントボックス

電設パーツ

電設パーツ

屋内配線用接続パーツ


屋内配線用ジョイントボックス

電線接続後の露出防止・保護に!

特長・用途 | 型式・仕様 | 外形寸法図 | 材質 | 注意

特長

  • 簡単ワンタッチ施工。本体が半透明のため、施工状態がよく見えます。

用途

  • 屋内配線におけるケーブル相互接続箇所のカバーに。

取得規格

欧州RoHS対応...○ 中国RoHS対応...× CE宣言...× UL規格対応...× CSA規格対応...× 電気用品安全法適合...×

アイコンの見方をご確認ください。

 

屋内配線用ジョイントボックス ジョイカバー 製品写真

屋内配線用ジョイントボックス
ジョイカバー

屋内配線用ジョイントボックス ジョイカバー 施工例写真

ジョイカバー施工例

特長・用途 | 型式・仕様 | 外形寸法図 | 材質 | 注意

型式・仕様

型式 本体色 本体質量 梱包数
OJ-1 半透明 約19g 小袋 10個入 外箱300個(小袋30袋)

特長・用途 | 型式・仕様 | 外形寸法図 | 材質 | 注意

外形寸法図

屋内配線用E 型スリーブ絶縁キャップ トーメーキャップ 外形寸法図

特長・用途 | 型式・仕様 | 外形寸法図 | 材質 | 注意

注意

  • 本製品は屋内配線におけるケーブル相互接続箇所用のカバーです。
    1. 屋内配線でのケーブル相互接続箇所のカバー用途以外では使用しないこと。
    2. ケーブル相互接続箇所は絶縁処理を施した上で本製品を使用すること。
    3. ケーブルの付け根を造営材に固定し、本製品に過度の力がかからない様に取り付けること。
    4. シース切除部、接続箇所を弁の内部に納めること。
    5. 被せた後に弁が折れ曲がった場合は、本製品を回転させて開いた状態にして使用すること。
    6. 突起部を下に向けて設置する場合は、突起部を根元で切除して排水口を開けて使用すること。
    7. 振動、衝撃がかかる場所では本製品を造営物に固定すること。
  • 以下の環境での使用・保管はしないこと。製品の劣化や内部の接続器具での発熱・事故の原因になります。
    1. 太陽光など紫外線が照射される環境
    2. 内部の接続器具の施工方法にて禁止されている環境

その他、特殊環境でのご使用についてはご使用前に弊社までお問い合わせください。

カタログ請求・お問い合わせフォーム