トップページ > 検査・計測装置 > 「気泡/吐出/液質センサ」製品概要

気泡/吐出/液質センサ

気泡センサ

液体内の気泡・液滴吐出・液質(混合等)を検出します。
独自の検出方法(マイクロ波)により、液の色、粘度は問いません。

製品概要

気泡センサ | 吐出センサ | 液質センサ

気泡センサ : チューブ・ホース内の気泡(異物)を検出します。

検出理論

  • マイクロ波のドップラー効果を利用したものです。
    ドップラー効果では、動いているものに対しての反応を読み取ることができます。
    マイクロ波は誘電率差での検出となるため、検出空間に2種類の物質(例えば液体中の気泡(空気))が存在しないと 検出はできません。よって、空気のみの流れ(流量)等の1種類の物質の流れは判断不能です。
気泡センサ 検出理論

※ ドップラー効果とは
波(音波や電磁波など)の発生源(音源・光源など)と観測者との相対的な速度によって、波の周波数が異なって観測される現象。

アプリケーション事例

充填部の気泡検出 タンク圧送終点管理 吸引液の終点管理
気泡センサ アプリケーション事例:充填部の気泡検出
気泡センサ アプリケーション事例:タンク圧送終点管理
気泡センサ アプリケーション事例:吸引液の終点管理

システム例【電磁バルブを用いた気泡分別例】

  1. 本製品で気泡を検出
  2. 気泡を検出した信号で電磁バルブを起動
  3. 気泡を別管路に誘導

電磁バルブを用いた気泡分別例

気泡センサ 製品詳細ページへ

気泡センサ | 吐出センサ | 液質センサ

吐出センサ : ディスペンサーのシール剤塗布時の気泡・液切れを検出します。

検出理論

  • 吐出ノズルの先端に強電界領域を作り、この領域部分に誘電体(液体) が入ると電界が変化します。
    この電界の変化を検出信号とします。
吐出センサ 検出理論

アプリケーション事例

充填部の吐出確認 接着剤の液切れ確認
吐出センサ アプリケーション事例:充填部の吐出確認
吐出センサ アプリケーション事例:接着剤の液切れ確認

吐出センサ 製品詳細ページへ

気泡センサ | 吐出センサ | 液質センサ

液質センサ : 液体の劣化、混合等の監視をします。

検出理論

  • 検出空間に強電界領域を作り、この領域部分に誘電体(液体) が入ると電界が変化します。
    この変化量を電圧として出力します。
液質センサ 検出理論

アプリケーション事例:2 液混合割合のモニタ

液質センサ アプリケーション事例:2 液混合割合のモニタ

液質センサ 製品詳細ページへ

気泡/吐出/液質センサについてのお問合せ先

  • 本社(FAグループ) 〒431-1304 静岡県浜松市北区細江町中川7000-21 電話:053-522-5505  FAX:053-522-5506

カタログ請求・お問い合わせフォーム