トップページ > 熱対策関連機器 > 「ボックスクール」製品一覧

電子冷却器「ボックスクール」

電子冷却器「ボックスクール」

ぺルチェモジュール使用の 電子冷却器「ボックスクール」

製品概要

冷媒を必要としない為、大気を汚さず環境にやさしい商品です。小型・軽量で機器への組み込みに最適。
システム拡張により高精度の温度制御が実現でき、用途を問わず各分野に使用可能です。

大気を汚さず、効率的に冷却。冷却を極める。

冷却の原理を知る

ペルチェモジュールの動作原理

冷却能力をもったP型N型半導体(※1)の接合対を熱電冷却素子といい、複数の素子を電気的に直列に接続してユニットにしたものをペルチェモジュールといいます。これは、1834年にペルチェ(J.C.A.peltier、1785~1845、フランス)が初めて発見し、この現象をペルチェ効果と呼んでいます。

熱電冷却素子は、直流電流(DC)を流すことによって、素子の両表面が加熱・冷却します。
また、電流の向きを変えることによって加熱・冷却を切り替えることもできます。

  1. 半導体とは、電流を流す働きが導体と不導体との中間位の性質をもつ物をいい、真性半導体・N型半導体・P型半導体がある。

ペルチェモジュールの動作原理図


ペルチェモジュールに<図1>

基本的構成は、2枚の絶縁伝熱板(セラミック等)の間に、不足電子P型・過剰電子N型の半導体素子がπ字形あるいは逆π字形に交互に配置されており、電気的には直列に、熱的には並列に接続されています。

ペルチェモジュールに<図1>のように電源をつなぐと、電流はN型半導体の下側から上部の電極を通ってP型半導体の下側へ流れます。

エネルギーは電子と共にこれとは逆の方向に移動します。N型半導体では、電子が上部の電極からN型半導体に移動するためのエネルギーと、N型半導体の内部を下部の電極まで移動するためのエネルギーを上部の電極側から得るため、その結果上部の電極側でエネルギーが不足し、温度を下げます。これに対して下部の電極側では電子が奪ったエネルギーを放出して暖まります。また、P型半導体では、正孔が同様の働きをします。

その結果、冷却面で吸収する総熱量が総供給電力(W)に相当する熱量と合算され、放熱側に放出されます。熱の吸収(冷却効果)は、電流およびチップ(半導体)の数に比例します。

冷却のサイクルを知る

方式や方法によって異なる冷却サイクル

空冷式プレート冷却型・水冷式プレート冷却型

ペルチェモジュールにより吸熱された冷却プレートは、熱伝導グリス等の伝熱材を通して、直接接触している冷却物を冷却します。また、吸熱した熱量とペルチェモジュールの発熱量はペルチェモジュール反対面からアルミ等の熱伝材を通して空冷または水冷にて放熱されます。(※1)

空冷式プレート冷却型 水冷式プレート冷却型
空冷式プレート冷却型 水冷式プレート冷却型
空冷式冷風撹拌型・水冷式冷風撹拌型

筐体内の空気は、冷却側ファンモータによって冷却器内に送り込まれ、ペルチェモジュールにより冷却された冷却フィンを通過し冷却・除湿され冷風となって筐体内へと戻ります。また、吸熱した熱量とペルチェモジュールの発熱量はペルチェモジュール反対面からアルミ等の熱伝材を通して空冷または水冷にて放熱されます。(※1)

空冷式冷風撹拌型 水冷式冷風撹拌型
空冷式冷風撹拌型 水冷式冷風撹拌型
空冷式流体冷却型・水冷式流体冷却型

冷却ジャケットINより流入した液体は、ペルチェモジュールによって冷却されている冷却ジャケットおよび接液部を通過することにより冷却され、OUTより流出します。また、吸熱した熱量とペルチェモジュールの発熱量はペルチェモジュール反対面からアルミ等の熱伝材を通して空冷または水冷にて放熱されます。(※1)

空冷式流体冷却型 水冷式流体冷却型
空冷式流体冷却型 水冷式流体冷却型

(※1)空冷式は、放熱フィンを通して吸熱した熱量を放熱側ファンより排熱します。水冷式は、放熱ジャケット内を循環する冷却水によって吸熱した熱量を移送します。

製品ラインナップ

BOXCOOL製品ラインナップ

オーダー冷却について

ワンストップで様々なニーズに対応。

オーム電機のオーダー冷却


熟練した技術でお客様の商品開発をサポートします。

1:計画/お客様の「こんなものが欲しい」というご要望を元に、仕様決定から製品設計、
量産立ち上げまでをトータルサポート。2:設計開発/長年に渡る幅広い経験から得た確かな技術力。独自性のある設計開発が可能です。3:試作/樹脂の試作機、環境試験装置などを社内に完備。樹脂のモデリング製作や
試作段階での動作確認も可能です。

  • 詳しくはカスタマーサービスまたは営業マンまで。お気軽にお問い合わせください。

カタログ請求・お問い合わせフォーム